製品の生産性の向上がしたいならメヤニ防止もできるフッ素コート

機械のハンドル

金型の生産性を大きく向上させる離型剤

工場

製造工程で使用する金型には負荷がかかりやすいため、そのままの状態で使用していると寿命が短くなってしまいます。さらにゴムやプラスチックのような素材との粘着性が高い場合、きれいに剥がすことができないおそれもあります。その際にはメヤニの防止が欠かせません。

これを解決してくれるのが、離型剤と呼ばれるものです。金型と材料を離れやすくする性質を持っており、あらかじめ金型に塗っておくことで量産効率を高め、金型の寿命を伸ばす働きも期待できます。さらにメヤニの防止も同時にしてくれるのです。

離型剤にはいくつかの種類がありますが、最も優れていると言われているのがフッ素コーティングです。離型性が非常に高く、長持ちすることから塗り直しの手間を減らすことができるというメリットも持っています。塗膜は非常に薄く、成形物のディティール感を失うこともありません。

フッ素コーティングの良い点は、押し出し成形におけるメヤニも防止できることです。押し出し成型には、投入する素材が口金の部分に付着しやすいという特徴があります。このとき、口金に離型剤を塗っておくとメヤニが防止でき、連続での成形が可能になるという仕組みです。

フッ素コーティングの離型剤は、専門メーカーから購入することができます。用途や塗膜の薄さ、使用する溶剤などによっていくつかのタイプがあるので、問い合わせてみることをおすすめします。

金型の離型剤にはフッ素コーティングが便利です

同じ形の製品を大量に作るときには、金型を使います。この金型にゴムやプラスチックなどの材料を流し込むのですが、そのまま流し込むと固まって取り出そうとした時に、材料が金型にくっ付きやすくなってしまいます。すると金型から製品を取り出しにくくなったり、剥がれる時に製品が破損したりしてしまいます。

そこで金型に材料がくっ付かないために用いられるのが離型剤で、これを利用すると破損などを防止することができます。
離型剤の主な種類はオイル・シリコン系、ワックス系、界面活性剤系、フッ素系があります。この中でもフッ素コーティングの仕組みを用いた離型剤が性能が高く、多くの業界で使われています。

フッ素は原子同士の結合力が強いため、ゴムやプラスチックなどの他の素材にはくっ付かないところが特徴です。このためフッ素コーティング剤を金型に塗ると、綺麗に製品を取り出すことができるようになります。
また金型の押出し口に材料が積もると、製品に筋が付く「メヤニ」という現象が起きます。フッ素コーティング剤を塗布しておくと、このメヤニの防止にもなるのでおすすめです。

このように、金型を用いた生産には離型剤が必須となっています。更に離型剤を選ぶときは、メヤニの防止もできて、メリットの多いフッ素コーティングを選ぶと良いでしょう。

離型剤購入の際はフッ素コート剤専門メーカーに当たってみよう

ゴム製品やプラスチック製品の生産効率を一層向上すべく、現場で使う離型剤をフッ素系に切り替えることを検討中なら、フッ素コーティング剤専門メーカーに相談して購入するといいでしょう。フッ素系離型剤は、塗布量が少なく、ごく薄いフッ素樹脂塗膜を作るだけでも、強力な離型効果を発揮し、成形過程でメヤニなども防止できることから使いやすい離型剤として高く評価されています。ただ、これまで異なるタイプの離型剤を使っていたなら、扱いやすいフッ素系離型剤と言えども、自己判断で適当に製品を購入するよりも、フッ素コート剤専門メーカーに予め相談してみる方がいいでしょう。フッ素系離型剤は、現場で追加塗布可能なタイプの製剤があり、かなりの数のプラスチックやゴムの製品を一度に成形することが可能です。またメヤニの防止も可能です。総論としては確かにその通りですが、実際に自社で製造している製品の特徴や、金型の出来、作業場の施設設備の整備状況などを総合的に考慮して、どのフッ素系離型剤をどんな風に使えば最大の効果を期待できるか、具体的なことは専門家に相談してみないと分かりません。まず購入してみて試行錯誤するのもいいですが、フッ素コート剤専門メーカーに確認してから最適な製品を購入することで、準備段階でのムダを省くこともできるでしょう。製品の生産性の向上には、フッ素離型剤を利用して事前にメヤニなどのあらゆるリスクを防止しておくと良いです。