製品の生産性の向上がしたいならメヤニ防止もできるフッ素コート

機械のハンドル

離型剤の特徴と効果を把握して最適なものを選ぼう

ヘルメットをかぶった作業員

離型剤には様々な製品があり、自社で製造しているゴム製品やプラスチック製品の成型にどれを使うかについては、各々の離型剤の特徴や効果をよく理解して決める必要があります。離型剤の特徴と効果は、離型剤の成分として何が使われているかによって決まるところが多いですが、現在のところ、どのようなゴム等の製品を作っているにせよ、最も使い勝手がいいのは、フッ素コーティング剤が主成分の離型剤です。
フッ素系離型剤は、少量でも抜群の離型効果があります。フッ素系離型剤で離型効果を発揮する本体はフッ素樹脂塗膜ですが、フッ素樹脂の膜は、もともと、極薄でも優れた非粘着性を発揮します。そのため、これを金型に適用した場合も、少量の塗布で薄い塗膜を作っただけで十分な離型効果があるのです。
また、フッ素系離型剤の特徴としては、メヤニが出にくい、更に、成形物を金型から分離する時に離型剤が成形物に付着しないこと、現場で使いやすいスプレー缶タイプなど、便利な製剤があることが挙げられます。これらは全て、現場作業のスピードアップと生産性向上に貢献してくれる特徴と言えるでしょう。
自社製品の製造効率を向上させたいなら、まずは、このような効果と特徴を持つフッ素系離型剤を試してみましょう。