製品の生産性の向上がしたいならメヤニ防止もできるフッ素コート

機械のハンドル

現場の生産性アップに役立つ刷毛やスプレーで塗布可能な離型剤

工場内

製造業と言っても幅広く、モノの作り方も千差万別です。ゴムやプラスチックを原材料として使う製品は、製造工程の中に、液体状にした原材料を金型に流し込んで成型する作業があります。この作業を効率よく行うことができれば生産性を向上させられますし、反対に、何らかの事情で成型作業を頻繁に中断するなど、非効率なやり方をしていれば、生産性が下がることになります。そして、成型作業を中断することなく続けられるかどうかは、多分に離型剤の選択次第のところがあります。
離型剤は、金型に塗布した直後と離型を繰り返した後とで、同じ離型効果を維持しているわけではありません。離型を繰り返す数が多いほど、離型効果が劣化するのが普通です。こんな時、現場で簡単に離型剤を補充、即ち、手軽に追加塗布可能な製品があれば、作業効率を落とさずに済みます。フッ素コーティングの原理を生かした離型剤であるフッ素系の離型剤には、こうした場合に最適な刷毛で塗布できる製品や、スプレー噴射で離型剤の再塗布可能な製品があります。乾燥も早いため、追加塗布後、長い待ち時間を挟むこともなく成型作業を速やかに再開できます。フッ素系離型剤は、こうした便利な剤型のものがあるだけではなく、薄い塗膜でも効果抜群、メヤニが生じにくいなど、様々な現場に優しい特徴を備えています。是非、使ってみるといいでしょう。